瓶ヶ森の霧氷(かめがもり) 標高1896.2 愛媛県 2008/11/26
善通寺山の会の個人山行で樹氷、霧氷を見に瓶ヶ森へ行こうという話になった。タイヤはノーマル、林道が凍ってたら
Uターン。心配した気温は0度以上〜私達の普段の行いがよほど良かったのか林道の霧氷もバッチリだったのです!

↑空は灰色でしたが林道の霧氷に大喜びの私(*'-'*)8:30  今日のお仲間〜5名で歩く 善通寺6:00出発

↑夢中で写真撮ってたら、瓶ヶ森はもっと霧氷があるよ〜って、声がかかった。

↑↓わぁ〜晴れてきた〜霧氷も輝いて綺麗。樹氷かな?

↑今日はゆっくり撮影OK〜ということで、林道で何度か止まってくださる(*'-'*)

↑青空は嬉しい〜〜

↑↓瓶ヶ森登山口ではまた曇り〜無彩色の世界になった。9:20

↑氷の花〜 見るもの全て新鮮!

↑空は晴れたり曇ったり忙しい〜 、「海老の尻尾」は長い〜〜

↑冬枯れの古木は瓶ヶ森の名物

↑男山を目指します。

↑振り向けば「子持権現山」

↑↓登るにつれ、海老の尻尾がずんずん長くなる

↑足元は所々凍っていて滑りそう〜

↑霧氷は10cm以上の長さ〜


↑生きてるような霧氷〜

↑男山山頂の小屋が見えてきた〜

↑ベニドウダン?シロドウダン?の実の霧氷〜背景の白は全部霧氷。

↑男山山頂の祠  10:10    女山に向かいます。

↑霧氷のトンネルを何度もくぐります


次のページに進む     TOP







SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO